電子マネーを現金化買取業者を使って換金する方法

お金に困っており、貸金業者からお金を工面することができない人には、現金化がおすすめです。クレジットカードや携帯電話のキャリア決済を使って買取業者が指定する品物を購入して、それを買取ってもらいお金にすることができます。指定する品物にもいろんな種類がありますが、最近は電子マネーが増えています。ネット上でナンバーがすぐに発行されることから、買取業者とのやり取りもスムーズになりますのでおすすめの方法です。

業者には換金率があり、それにともない入金される金額が異なってきます。たとえば10000円の商品を購入し、換金率が8割であった場合、入金される金額は8000円です。換金される金額が異なってきますので、よく注意しておきましょう。業者によっては還元率と明記していることもあり、その割合はさまざまです。

相場としてはクレジットカードの場合は8割から9割、携帯電話のキャリア決済となると7割から8割程度になっています。単純に高ければ良い業者のように感じてしまいますが、明らかに高い場合は詐欺行為の可能性もあり、いろんな名目で手数料などを取られて、騙されていることも多いです。いろんな現金化業者を比較して選んでください。

また現金化買取業者に頼らない方法で行う現金化もあります。業者に依頼すると還元率の問題から、大きく差し引かれることになり、入ってくる換金が少なくなることから、それを嫌う場合はこの方法をとると良いでしょう。それは自分で現金化にする方法です。クレジットカードや携帯電話のキャリア決済を使って電子マネーを購入し、そのナンバーを控えて、買取サイトに直接売る方法もおすすめです。

こちらの場合は還元率が9割ほどになっていますので、買取業者を仲介するよりも高い換金を行うことができます。ただし時間が掛かるのがデメリットです。現金化買取業者は、非常にスムーズな対応をしており、依頼から1時間ほどでお金にすることが可能です。しかし自分で行う場合は、とても手間がかかります。ゲームやCDなどをクレジットカードなどで購入して、それを買取店に売るのも現金化の方法になりますが、そのような手間を省くのも業者の役割になっています。

よく違法性を指摘されることもありますが、そのようなことはありません。古物商に物を売ってその金額を支払っているのと同じになってます。ただし年利に計算すると莫大な数字になることから、利用者の不利益になることも多いですので使用頻度に気を付けてください。